MG_1757

帯鋸の目を残したままの杉板を使い大きな書棚を作りました。何でも置いてしまう便利な棚という使い勝手を考えています。

さいたま市・狭小3階建て

Both comments and trackbacks are currently closed.